呈峰會館掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

新掲示板が完成しましたので運営開始します。

おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[841] 審査会 投稿者:近藤修匡 投稿日:2020/07/28(Tue) 11:59   [返信]
例年ですと7月の最初の土曜日と日曜日は合同合宿です。
本年は新型コロナウイルスに伴い、合同合宿の開催を中止としました。
皆さんから「え〜」という声を沢山いただきましたが、
今年しか行わない行事ではないので「また来年ね」とお話をさせて頂きました。

その代わり6月に開催予定をしておりました、審査会を行いました。
審査会は、基本技審査・実技審査・学科審査の3つあります。
実技審査にて行います組手は、基本技がどれほど理解できているか
を見る審査となるわけですが、元々当會館には審査用の内容という考えは無く、
日頃の稽古内容の熟知度合を確認する内容となっています。

その実技審査は、今回の新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、
新様式の審査を考案し、より熟知度合の確認が出来るようになりました。

この様に当會館では常に感染拡大防止に十分注意をはらい、独創的な
活動を続けてまいります。
[840] 居場所 投稿者:忘れ物キング 投稿日:2020/07/22(Wed) 14:41   [返信]
ひとつきほど前から多くの支部が再開しました。
マスクの着用、検温、消毒、対面稽古の禁止などいつも通りとはいきませんが、それでも稽古が再開し嬉しく思います。

そんな中、先日、久しぶりに八事支部の稽古に参加させていただきました。

八事支部でも受付で検温とアルコール消毒を行いました。
そんなとき、検温をしてくださった方が自分が大学生の頃からいた方でした。
検温をする際に目が合い、お互いにハッとして気づきました。
そしてその方のほうから、「お久しぶりですね。」と声をかけていただきました。


覚えて頂いたことにとても嬉しく思いました。
このとき自分は「自分の居場所がここにもあった。」と気づきました。

些細なことですが、とても感動しました。
これからもそんな縁を大切にしていきたいと思います。

余談ですが、嬉しくて稽古はいつもより気合が入っていた気がします。
単純って幸せだなと自分で思いました。
[839] ストレス 投稿者:近藤修匡 投稿日:2020/07/19(Sun) 19:13   [返信]
少し前私はソフトバンクへ行ってきました。
その時50代くらいの女性と、お店の方が、すごく強い口調で
話してました。
その女性はガラケーから電話機を換えたかったのですが、お店の方
の言われている意味がわからず、何度も同じ話を繰り返してました。
(わかる、わかる)
私はダメだと思い、お店を後にして、大好きなタピオカジュースを
買って帰ろうと思いました。
商品を選んでお金を払い、ちょっとまってると、お店の男の子が
電話口でしきりに謝っていました。大変だな〜。
電話を切ると、「こいつきょうで3回目」と大きな声で。
なんだかな〜。

うちに来て欲しいな。運動をすると、身体が丈夫になり、気分転換にもなる。
お腹も空いてごはんがおいしく、夜も熟睡出来ます。
そんな仲間と一緒に生きて行く方が楽しいと思うけどな〜
[838] 講習会 投稿者:近藤修匡 投稿日:2020/07/14(Tue) 11:45   [返信]
6月14日は審査会の予定でしたが、新型コロナウイルスによる自粛期間開け
という事により、見習い練士皆さんの怪我が心配でしたので、急遽講習会としました。
私は「気合」とか「根性」という稽古はあまり好きではありません。
會館開設以来、まず頭で理解を、その理解できた内容を実技に反映する稽古が好きです。

今回の講習会はお父さんやお母さんにも参加をして頂き、
運動不足やストレスの解消を目的にお願いしました。
各支部長・指導員・見習い練士・御父母の皆さん、
本当に沢山ご参加を頂き心より御礼申し上げます。

そして私が一番やりたかった「護身術」も行いました。
皆次の日は筋肉痛大丈夫だったかな?

始めは「まあ少しできれば」が、効果への理解が深まると
「もっと上手になりたい」。
そういった思いに素直な人がいいですね。
[837] 独り言 投稿者:近藤修匡 投稿日:2020/07/12(Sun) 23:56   [返信]
最近皆にウケた言葉

お金持ちより人持ち

   作:近藤修匡
[836] 満35歳 投稿者:近藤修匡 投稿日:2020/06/16(Tue) 14:33   [返信]
本日で呈峰會館は満35歳を迎える事となりました。
草創期依頼ずーと一緒に歩いてくださってる皆さんや、
今は離れてしまっていますが一緒に楽しい時間を共有させて頂きました皆さん。
本当にありがとうございます。
ここまで歩いてこれたことは、皆様方のご理解とご助力の賜物と、
深く感謝をしております。

また本年は、新型コロナウイルスの発生により、
稽古をお休みしなければならない同業者の皆様方のご苦労とご不安
をご察し致します。
同じ状況の中で過ごして来た者同士、また色々お話をさせて頂きながら、切磋琢磨させて頂きたいと考えております。

当會館におきましては、6月1日より一部を除くほぼ全ての稽古を再開しました。
スポーツ庁より発せられています「スポーツ関係の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を参考に、
各支部長も感染拡大予防には十分注意を図りながら、稽古を進めさせていただいております。

呈峰會館は、競技ではなく護身術を目的として続けてまいります。
40年・50年と、これからも共に歩いて行って頂きますよう、お願い申し上げます。
[835] お暇のお話。 投稿者:新米親子 投稿日:2020/05/26(Tue) 22:26   [返信]
新米親子です。
私からの掲示を停止することになりました。
好き勝手の掲示に多くの方のお付き合いをいただき感謝です。
何かございましたら、対面でお話しできますので
イベントの会場かどこかで捕まえてくださいね。

皆様のご提案、ご指示、ご相談色々ありがとうございました。
引き続きは「ライブ」「リアル」の接触でお願いしますね。
[834] お金がピカピカ 投稿者:近藤修匡 投稿日:2020/05/24(Sun) 23:14   [返信]
最近100円玉が異様に光ってないですか?
皆さんが消毒・殺菌をするからかな?

私が子供の頃、兄に教えてもらった事があります。
10円玉を地面に置いて靴のかかとで踏みながら、グリグリすると
あら不思議。
新品の10円玉になります。
100円玉の材質の問題か、それだけ目立つような気がします。
きれいにされる方がおられるならば、大事に扱わないとね。

色んな方がいて、本当にありがたいですね。
[833] テレビの起動し方、楽しみ方 投稿者:新米親子 投稿日:2020/05/20(Wed) 15:46   [返信]
皆さん、テレビを普通につけて「げらげら笑います」よね。
「鬼滅の刃」観たり。家族みんなでドラマとか楽しみます。
「キングダム」はコロナで一時中止になってますね。残念。


「どうしてテレビで番組が受信できるか」とか
「どんな原理で映像が出たり、音が出たりするか」なんて
多くの人はわかりませんよね。気にもしません。
原理はわからなくても楽しめる。

使用者(顧客)は楽しむことが重要。
でも設計者や修理業者はそれでは「だめ」で
「それ用の知識」を駆使して作業できることが重要。

多くの道場が
設計者や修理業者のような考え方を押し付けたりします。
「武道だから・・・」とか「道とは是くありき・・」から始める。
まあ、否定はしません。カッコいいし。

でもね
「楽しむ人」と「仕事にする人」。
「仕事にして、楽しむ人」もいます。
楽しみ方や課題は千差万別が当たり前なんです。

お子さんにはまず「楽しむこと」「使えること」をまず。
その後、もっと原理的なことを提供して、
それから先の道は「彼らが決める」ってのを自由にさせてあげること。

「同じことを目指しているだけが友達」ではなくて
お互いのことを「尊重」しあってて、
全く違う道を歩いていても気が合うってのが良いです。
色々な事を教えてもらえるし。

色々な力量が自分の周りにある。
そんで必要に応じて、貸してもらえて、
結果的に前に進める状態。
ダイバーシティですよね。
そんなんが好きかな・・。
[832] 「決定の練習」の補足 投稿者:新米親子 投稿日:2020/05/19(Tue) 08:26   [返信]
「成功」「決定を意識」などは小さく経験して、
大きく育てていくと良いって書きました。
質問頂いたのでちょっと追加を。

「決定を意識」ってのがわかりやすいのでそちらで説明します。
普段の生活で決定することはたくさんあります。
私の例で言えば
「朝ご飯を食べる」ってのは習慣になっているので「決定」は不要です。
「何時に食べる」ってのも習慣になってるので「決定」は不要。
「毎朝、シリアルで食べる」って決まってれば「これも決定」ですけど、
私には「和食にする?洋食にする?」って選択があって、ここに「決定」って行為があるんです。
これを毎回、「私は決定した」と認識するだけで、人ってものすごい差が出ます。
それこそ「靴を右から履く?左から?」とか、
決まってることでも、そこは「変更できる」って前提から「決定している」って行為にしてやると
一日の決定項は増やせます。これが「小さい練習」「小さい成功」の練習です。

決定の重さには「朝ご飯、何にする?」って物から
「結婚に踏み切る」とか「難病の治療の選択肢を決める」「家の購入」など要素や大小さまざま。
大きい決定の方が色々の要素が絡み、「ここは何ともならない」と他責にしがちで、状態によっては膠着させてしまいます。
でも小さく練習している子ほ「自分が大きく影響できない案件」にも「これで行こう」って腹の座り方が安定して
行動に厚みが出せます。

私はおっさんになってから始めたのであまりたくさん練習できなかったんですけど
小さなお子さんならいくらでもできる。高校受験なんかは未成年では比較的大きな決定ですかね。
「腹を決める」って行為が「習慣」にできてるやつは本当に強い。
小さい決定ができない人は、大きな決定ができません。
デートで「なあ、何が食べたい?イタリアン?和食?なあ、なにがいい?決めてよ・・・」なんてかっこ悪いじゃないですか。
「おれイタリアンがいい。」って意思表示をしておいて「でも和食がいいなら付き合うよ。」って奴の方が
持てるような気がしますし、
言われるときも「私、フレンチがいい!!」って言ってくれる子の方が疲れませんよね。
  (たまに「金がねえからアカン!」っていうこともありますけどね。)

「決定」に負けて、心が負けて病気になっちゃう人もいますが「ここはまた違う機会に書きますね」。
!page_btn!
記事No 削除キー

- LightBoard -