呈峰會館掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

新掲示板が完成しましたので運営開始します。

おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[764] 審査会 投稿者:近藤修匡 投稿日:2019/10/19(Sat) 17:01   [返信]
いよいよ明日審査の日を迎える事となりました。
この1ヶ月ほど、ほとんど毎日の様に審査会に向けて稽古を積んできました。
50歳すぎてこんな高校生みたいに一生懸命になってもらえる皆んなと
一緒に生きて行ける事が幸せです。
昨夜も12時過ぎまで、仕事で疲れているでしょうに。
本当に大切のみんなです。
ありがとう。
[763] 損したくないっす!! 投稿者:新米親子 投稿日:2019/10/17(Thu) 16:31   [返信]
人間には「損失回避性」って機能が有るそうです。

同じ100円。
でも、
「得する時は100円」
「損する時は150円〜250円」くらいの感覚だそうです。
なので「損することを怖がる」のだそうです。

まあ危険から遠ざかる本能としては正しいかも。

ここから我々の役目をチョッと話します。
子供が100円の挑戦をする時、
成功した時は「100円総て子供に報酬として渡す」
失敗した時は、「親が60円〜160円受け持ってやる」。
イイ事じゃないんですけど、これをやってやると
挑戦することへのハードルが下がります。
「子供の60円」と「大人の60円」は雲泥の差が有って
大人にとっては大した損害ではない。

その上で、成功する癖をつける。
行動は繰り返すことで「癖」になります。

「癖」と「理論」で再現性を持たせてやると
それは「普通」になります。

成功が普通の人ってかっこいいですよね。
[762] 「こころ」の鉄人になって欲しいんですよね。 投稿者:新米親子 投稿日:2019/10/08(Tue) 16:16   [返信]
昔は
「会社入ってからの数年の勉強」を基本として、
定年まで働くのが雇用のスタイルです。
今後は絶対このスタイルは壊れます。
壊れ始めています。

その会社で定年まで働く可能性は激減する。
どっかで仕事が変わることって増えていきます。
実力がリセットされて再吟味されます。
再吟味されているときの「耐性」とか「変わる力」みたいなものが
要求される。
20年前には45歳で実働部隊から離れていたのに
今では65歳でも実働部隊で働く人たちもいっぱいいます。
でも場所や内容が大きく変わる。
同じことを続ける職人さんタイプの方は比較的少なくなっていく。

実は職人さんタイプの方では、あまり鬱になる方は少ない。
業務の変わる方に鬱になる方が多いように感じます。

どっちに成ろうと良いんですが私の友人には
心を壊してほしくない。

体と一緒でハートも鍛えられるんですよね。
一緒にやっていきましょうね。
[761] 宣言しちゃいましょう!! 投稿者:新米親子 投稿日:2019/10/04(Fri) 14:25   [返信]
さあ、審査会が近いです。
やるまえから、終わった後のことを書いてもなんなんですけど・・・。
審査結果発表時は悲喜、有りますよね。

どちらであっても「将来の糧」にできないとイヤですよね。

「もうやめる」となると「敗北」が一つ増えちゃう。
「じゃあ次こそ」となってるうちは「まだ途中」。
「まだ途中」の成れの果てが「成功」。

私が何回で黒帯になったかを知ってる人ってほとんどいません。
でも「今、黒帯」なのを知ってる人は結構います。
何回で受かったかは対して問題でない。

止めなかっただけ。止めなかったので結果が有ります。
私、中学校の時、体育できなかったです。

私もまだ途中。
「成功」も「未達」も、
一緒に楽しんでいきましょうね。
これができる人ってめちゃくちゃ強いし、信頼できる。

前回の審査会後、数人に、
「黒帯に成る!」って「宣言」させちゃった。
前はみんな、目をそらしてたんですけど
最近は普通に「目指す」って言ってくれる。
好きです。こんな雰囲気。
[760] 間違ったことを上手になるな 投稿者:新米親子 投稿日:2019/10/03(Thu) 11:14   [返信]
「間違ったこと」を目標にして「正しい手法」で行動しちゃうと
あっという間に「間違った完成」に進んでしまいます。
「正しい手法」は大抵、スピード感がありますから。
上手にできるようになったことは身についていますので、離れません。
癖になります。自然に行います。

なので「間違ったこと」を「上手」にならないようにしましょ。
[759] 現実味 投稿者:新米親子 投稿日:2019/10/01(Tue) 15:21   [返信]
これを感じるってことはすごく大事で。
ある目標に向かってる子に「現実味がでてきただろ?」って言ったら
「うん、でてきた。」って言ってた。

でも私から見てると「1年くらい前から現実味は有った」んです。
私は「できる」って見てても、相手はイメージしてない。
私の内心は「早く気付けよ」って感じだった(笑)。

理屈は簡単で
「私はその過程を、全く同一ではないけど経験してる」。
「その子はその過程を、今、初体験してる」。

いま、沢山の黒帯予備軍の子がいます。
みんな、「気付けよ!!」。

黄帯くらいになったら現実味に気付く。
緑帯くらいになったら宣言して、。
茶帯になったら「熟すだけ}。
こんな感じが良いです。

前にも書きました。成功するコツは
「成功するまで続ける」。たったこれだけ。
「続けているうちは挑戦者」です。
30日とか300日とか3年とか時間軸は関係ない。
止めた瞬間に、負けが1つ増えます。
(違う課題に乗り換えるのは負けじゃないですけどね)
[758] 今、学ぶもの。 投稿者:新米親子 投稿日:2019/09/30(Mon) 08:36   [返信]
すぐに役立つものを学ぶのか、一生役に立つものを学ぶのか?
両方とも必要ですよね。
でも「今」って瞬間の時間の中では、
できる事って限られるので悩んじゃいます。

例えば20歳の子と話す時、私は
「50年間以上を生きてきて、その通過点での20歳」を話します。
でも相手は
「20年間生きてきて、その現時点での仕上がりの20歳」で話を聞きます。
基本的には「一致しない」。
でも私たちは話をすることが求められる、そんな機会が有ります。

その時、
良く言えば、私には経験が有り、相手には可能性(選択肢)が有ります。
悪く言えば、私は可能性が薄く、相手には経験が少ない。
無い物を補完し合う、良い関係にしていきたい。

「和して同ぜず」で行くしかないでしょうね。
ここで「同して和せず」をやる50歳は
「情けない」って言われる。
[757] 「勉強の値踏み」 投稿者:新米親子 投稿日:2019/09/26(Thu) 11:32   [返信]
本とか教育って「道具の基」です。
自分が将来、その知識をどう使うか?ってのが大切でしょ。
なので「あの本は値打ちが無い」とか「あの勉強会はい」なんてのは
自分次第で変わるんです。
何かヒントを得て、感じて、気付いて、使えるようにした人は「安い」って感じます。
けど、何も感じなかった人には「高い」って感じます。

「知っただけ」ではダメで、最終的には練習とかして「使える」ようにしないと。
コミュニケーションもそうですよね。
実社会で早い時期に沢山、実経験するか、ワークショップスタイルでガンガン体験する。

支部なんかでも必ず「会話」を入れます。1対1でしないと駄目です。
「1対多」の練習を「1対1」でやってく感覚。
小学生くらいだと、会話に横入りしてきますが、それも練習。
そこで慣れさせていくんです。

普通にみんなができる事は大した道具には成りません。
(反対にできないと肩身狭い時もある)
ちょっと難しい事とか
他の人ができない事なら
他人は「高め価値」を感じてくれます。

「良い物を安く」って世界では生きて欲しくなくて
「良い物なら、それ相当の価値で」って世界で生きてほしい。
良い物は絶対に高く売れるんです。
「安売り」しなくていいです。
自身の「ブランド化」。
謙遜が害になる例ってありますよ。
[756] 「反旗」 投稿者:新米親子 投稿日:2019/09/17(Tue) 18:16   [返信]
成績を上げた奴を評価しなかった弊害は「その時の成果物の数倍」の
大きさで組織に降りかかります。
これは歴史から学んだことでもあるし、私の経験でもあります。
「実力の低い人間が反旗を翻しても大した害にはならない。」
「実力者が反旗を翻した時は大事件。」です。
通常得られてる大きな成果物が無くなると同時に、
攻撃された場合は効かされてしまう。

正直、私は道場からいなくなっても道場は上手くいくでしょうね。
その基盤が有る。現時点で最高人数になってるし、各種団体があてにしてくれてる。

正直「俺がいなくなると、この会社は・・・。」なんて思想が有る人は成長してない。

ああ、けど私を見捨てないでね。
[755] 昇段審査 投稿者:近藤修匡 投稿日:2019/09/16(Mon) 14:19   [返信]
最近昇段という機運が高まっています。
大変うれしいことです。

會館がスタートしたのは、1985年6月の事です。
それいらい會館もいろんなことを乗り越えてきましたが、
一番は會館の中にいる人の「技術力の向上」に重きを置いてきました。

これは当初より全くかわっていません。

技術カリキュラムも鮮明となって来、より全体の気持ちも固まっています。

実力については、過去のが高かったという事はありません。
私だから言えることだと思います。

この中で、なお高みを目指そうという気持ち。
本当にありがたく思います。
!page_btn!
記事No 削除キー

- LightBoard -