呈峰會館掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

新掲示板が完成しましたので運営開始します。

おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[722] 審査会お疲れ様でした。 投稿者:新米親子 投稿日:2019/06/17(Mon) 08:59   [返信]
ちょっと気になったことを1つ。
自分で判断しちゃう子が結構いた。
「俺、できた」とか「私、できてない」ってのを早い時点で
自分で判断しちゃって、その後の行動に曇りが出ちゃう。
普段できてることすら放棄したり、くしゃくしゃにしちゃう。
焦ったり、パニックになっちゃうパターンもあった。

審査前にも言ったでしょ?
最後まで全部、全力で「やりきる」こと。
判断するのは「館長」ですよ。
ミスはミスとして置いといて、それ以外はきちんとやりきる。

それ以外のところで
「代替えで判断できる」「ミスなのか、本当にできてないのか」
の判断ができる事もあります。
だって「館長も受かって欲しい」「強くなって欲しい」ですから。
館長だって合格にできるネタを探してるんですよ。
基準は譲ってくれませんけどね。

ね!だから最後までやりきる!!
ミスが有っても、そこで自分を壊さない練習。
こんな練習もしていきましょう。
ちょっと気になっちゃった。

結果をフラットな気持ちで待ちましょう。
やり切れなかった人は、まずはそこを反省しましょう。ね。
[721] リーダーの勉強方法 投稿者:新米親子 投稿日:2019/06/13(Thu) 09:43   [返信]
リーダーで大切なのは
「変わることができる事」、
「繋ぐことができる事」。

一事の担当者は「こと」を掘り下げるのが仕事です。
リーダーは多くの「こと」をまとめる力量が要ります。
関係させる能力です。
深掘りする能力から、ある時期には
多くを知って(人も事もです)、まとめ、繋ぐ力量がいる時期が来ます。

まったく違うタイプのことを取り扱う必要性が有るので
勉強方法がガラッと変わるんです。

この「変われる力量」も早い時期から積み重ねていってほしいです。
[720] 自分の発言を否定されると落ち込みませんか? 投稿者:新米親子 投稿日:2019/06/12(Wed) 13:38   [返信]
例:「あの映画面白いよね。」  Ans「私は好きじゃないなあ。」
とか
例:「この仕事はAの手法で済ませたいよね。」  Ans「いや、Bの手法でしょ。」

なんてなるとチョッと滅入りませんか?

なんか「同意を求める」「提案をした」なんて時、
「それはちょっと・・」って言われると落ち込んだりしませんか?

先の例では
相手にとって、面白くないのは「私」ではなくて「その映画」です。
なのに「その映画を面白いと思った自分」を「否定された」のように感じちゃう。
有りませんか?こんな例。
私、たまにあります。

子供のケンカなんかでは70%以上こんな例ですすよ。
ここをチョッと解らせてあげる経験を積ませてやると
すごく気楽に、前向きに、生産的に生きていけるんじゃないでしょうかね。

映画の例では「そうか?私は楽しめたんで得をした」なんて状態になれる人が嬉しいかな。
[719] 「お子さんの幸せになる場所」。気付いてますか? 投稿者:新米親子 投稿日:2019/06/11(Tue) 12:07   [返信]
これって決まってるんです。
ここ間違えると辛いっすよ。
最も身近なのは「人と人との繋がり」中です。
これ絶対です。

「ライオンとかの繋がり」とか
「砂漠の真ん中」とか「宇宙の片隅」にあるんじゃないんです。
ネットとか使ってもいいんですけどね。

「人と干渉しあって」その関係性で幸せになってくんです。
多くの人と「干渉しあえる」人もいれば
「自分の親だけ」としか干渉しあえない人もいます。
スマホを通さないと「干渉できない人」もいます。
今回は規模、手法、相手はどうでもいいです。
閉鎖的な世界のオタクさんでも情報を共有して
何かを楽しく話して、幸せになって行きます。
(私もオタクなんで。)

なので必須なのは「コミュニケーションする力」です。
これ「支部で一番大切にしています」。
幸せになるためにも必要。強くなるためにも必要。
オタクさん同士の間のコミュニケーション力ってのもあって
色々な種類、共通言語はありますけどね。

この力、ほんのちょっと意識するだけで、無茶苦茶育ちます。

私なんて「口先だけで生きてます」から。
でも、私は相当に幸せです。
[718] 「子供向け」の教育に重要な気づき 投稿者:新米親子 投稿日:2019/06/10(Mon) 15:25   [返信]
これだけ日本が高齢化すると、
我々の様なオヤジも生産性を上げていかないと若い奴が困る。
若い奴に世話になるような社会構成ではだめ。

そんな環境なのに
子供には「勉強せよ」って言うのに
オヤジ連中同士では「勉強しろ」ってあまり言わないんですよね。
勉強に「充分」は無い!!

勉強続けるオヤジで居たいし
それを期待される場所、結果を出す生き方で
生きてたいです。オヤジ連中も頑張っていきましょう。


教育には三つ。以前も書きました。
@聞いたらできるようになる事(知識) 例:交通ルールを守る
A繰り返し練習したらできるようになる事(作業)  例:工場でのネジ締め
B聞いた後、繰り返し練習してできるようになる事(知的な作業)  例:弁護士資格と経験

全部、要ります。
まあ下に行くほど付加価値が高い。時間が要るので。
日本では義務教育は体育以外の多くが
@のような気がします。
受験勉強や社会に出てAが出てくる。
このAしかいらない場所に就業する人が7割くらいでしょうか?

お子さんにどの教育を手厚くして、
どの様な生き方をしてもらいたいかを考えると
教育の仕方が自然とマッチしてきます。
素質が育つ。
どの生き方が「正しい」とか「程度が良い」とかでは無いです。
世の中には全部必要なんですから。

日本の教育制度は「世間で言われるより」は良いものです。

でも自分がなりたい所に就くには競争が有る。
気付かないうちに早いスタートを切っちゃう。
小さい頃から成りたい所に触れさせてやる。
これはやっておいた方が良い。


勉強の下に身を置く者同士として、皆と仲良くして生きたいっす。
鳴海のオヤジ全員を踏み越えて行ってくれえ!
俺らも、負けねえように頑張るからさ!!!(チョッと負け気味だけど・・・)
[717] 「宣言の仕方」 投稿者:新米親子 投稿日:2019/06/07(Fri) 09:24   [返信]
「黒帯になりたい」は「宣言じゃなくて希望」なんですよ。
「黒帯になる」って言えば「宣言」です。
 麦わら帽子をかぶった少年も
「俺は成る!海賊王に!!」って言ったでしょ?。

成功の秘訣の「宣言」ってこのやり方ですよ。
「希望を言う」のでなく「自分の成る姿を口に出す」。
でもね、チョッとマズイ事もある。
高飛車に聞こえて助けが得られないかもね。

なので「黒帯に成る!だから教えて!!」くらいが丁度ですかね。
こんな感情を世の中全員が共有しているわけではないので。
 (練習中は「なる!」だけでいいですけどね)

宣言したら「数年後に成ってる自分」を想像しまくって
そこから逆算、遡りの妄想すると、そいつは
「計画」に成ってます。バックキャスティングってやり方。

後は「やるだけ!!!」
やり始めて修正して行くだけ。

「やらなきゃあ、ならない」

目標持ってやってくと
「体はそこそこ疲れる」かも知れませんけど
「心は疲れない」ので良いです。
心が疲れると大変ですよ。
今の世の中、凄く多いです。
[716] 潜在能力では飯は食えません!! 投稿者:新米親子 投稿日:2019/06/06(Thu) 08:46   [返信]
今回も批判を受けそうかな。
でもね
潜在能力では飯は食えないし、治療費も出ません。
「お金が全てじゃない。」ですけど
「全てじゃない」=「不要」ではないです。
とても大切です。必要なんですよ。
最低限を手にした後の「それだけじゃない」なんです。

「潜って、そこに在る能力」では誰も気付いてくれない。

子どものうちは良いです。
でも大人になったら顕在能力に変えて
行動して見せないと収入は得られません。

僕らの小さい友人にはいっぱい勉強してもらって
潜在→顕在能力への変え方を身に付けて貰います。
(空手なんてのはその為の道具)
彼らが社会に出た時、その能力は顕在化できて
彼らが何かを成して、その対価として所得を得て
楽しく生きていくのが希望。

顕在化するには効率が大切。
潜在能力×顕在化する効率=顕在能力
能力が多少低くても効率が高ければいい。絶対値を見る思想。
あまり、人数を多くできないのは
ここを深くやっていきたいから。
「文」の領域の部分です。
能力を上げるのは手間がかかりますが
効率を上げるのは「手法を知る」「マインドを持つ」などで
比較的やり易い。


きれいごとが言えるのはそれなりの生活が必要です。
最低限でそれを言ってしまうと、それは「負け惜しみ」にとられます。
[715] 「そんな話、聞いてない!」 投稿者:新米親子 投稿日:2019/06/05(Wed) 09:20   [返信]
こういうセリフを吐く管理職は「OUT」ですよ。
実戦なら
「聞いていても、聞いていなくても」「想像していても、想像してなくても」
実際に事が起こったら「対応する」ことが要求されますよね。

「あなたが聞いていなくても(知らなくても)、ことは起きてる。」
(こんな刑事ドラマが有りましたよね。東京の海の方角のやつ。ははは。)
なのに一言目が、胸を張って「聞いてねえぞ!」って喋る管理職っています。
部下のミスは自分の所為。困るのは自分も含んだ組織なんです。

子供にも言ってはダメです。
「一緒に考えてない」「私は知らない」って聞こえちゃいます。
まずは「聞いていても、聞いていなくても」
私はあなたを「助ける」「一緒に考える」って態度を見せないと。
意外と知らないうちにやらかしちゃいます。

聞いてなくても免責されることはない。
実戦では「相手の集団が、『情報を共有する前』に事を起こすのが常套。」
「聞いていない事」自体がその集団の脆弱さです。
なので
「対応できてないので、即時、状況を把握。」
「状況把握後、行動指針を決定、展開。」って言えると信頼できますよね。
自責にしている人は「聞いてない」って言いません。
「トラブル解決後」に「なんで言わんかった?」って
話せばいい。

こんな思想が共有できるので、毎回の練習が楽しいです。
小学校の子でも充分理解できる。
ガンガン成長して行きたい。
できない大人が多いのに。
子供のころ「して貰ったこと」は将来「他人にしてあげられる」。
将来、凄い個性に成ります。

また
情報って座ってるだけで、勝手に入ってくるもんではないっす。
自分で取りに行かないと。
織田信長なんかも「悪い情報ほど早く届くシステム」を作ることに注力していました。
彼だけではなくて、戦の時代の成功者は漏れなくそうかと。

こんな分野は武道の良さだと思ってます。
[714] お詫び 投稿者:事務局 投稿日:2019/06/04(Tue) 11:13   [返信]
本年も入会金無料の期間を設けさせていただきましたが、早々に達成をしてしまいました。
ありがとうございました。
また本年度3度目のお願いですが、最近の入門者が非常に多く、道着が間に合わず大変
ご迷惑をおかけしております。
2号・3号・9号・10号が製造が間に合わず申し訳ありません。
今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。
[713] 「井の中の蛙」に成ることも良い。かも? 投稿者:新米親子 投稿日:2019/06/03(Mon) 11:15   [返信]
「井の中の蛙、大海を知らず。」
視野が狭いとか、世間知らずの時に使うことわざ。
このことわざ、99%以上の人が悪く理解しているんですけど
実は続きを知ると「そうでもない」と思えます。
まあ、「誰かが足した」って話もありますけどね。

「井の中の蛙、大海を知らず。されど空の深さ(青さ)を知る。」
狭い世界でのプロフェッショナルも良いと感じられる「ことわざ」なんですって。
なんだか、素敵ですよね。
青?蒼?藍?碧?
なんか自分だけが気付いてる「あお」が有ると嬉しいですよね。
!page_btn!
記事No 削除キー

- LightBoard -