組討道の定義

本来日本には空手道のように打撃を基本とする闘技がありました。近世以前の合戦において、敵将を倒し組み伏せる闘技であり「組討」と呼ばれるものです。

戦う為の武器が無くなった場合において組討で戦いを継続しますが、その際必ずしも1対1とは限らず相手の人数が多い場合もあり、また自身が武器を持っていなくても相手は武器を持っている場合もあります。

そのような非対称条件での戦いも組討には含まれます。このような戦いの中では、所謂武芸と呼ばれる「芸」よりも、何としても生き延びる為の「護身術」が重要となってきます。

組討というものの本質である「護身」ということに着目し、実際の防犯に役立つものを目的にしたいと思っています。 武器の条件も違い、人数も違う。そのような条件の中で相手を制圧する、或いは何とか生き延びる、その為の「護身術」を皆さんに体験して頂きたいと考えています。

そして、そのような場面に遭遇した際にも怪我無く回避する為の護身術や、相手との条件が異なる状態での駆け引きなどの精神力 (これは人生にも活かすことができると考えます)を身に付ける事。 及び人生の一時期を共有するのみの関係ではなく、お互いに長く助け合う関係を構築する事(=「道」)。 稽古の一部としてではなく、今までに無い競技種目として闘技法を確立し、稽古体系と日本本来の精神性を融合したものである。

以上の両者を合わせて「組討道」と定義しております。

お問い合わせ

組討道連盟事務局 電話番号 0564-54-3060
お問い合わせ時間 月曜日~日曜日 10:00~22:00
*お休みはありません。お気軽にお問い合わせ下さい。